Profile

松井五郎 GORO MATSUI

1957.12.11  太陽系第三惑星-地球-に生まれる。

1970~フォークソングの洗礼を受け、横浜川崎を中心にコンテストやライブ活動をはじめる。

1979.10.7 バンドを結成、ヤマハポピュラーコンテスト出場。何回かのトライでつま恋本選会出場。(この時の関東代表の同期が杉山清貴・根元要-Stardust review-)。しかし、クリスタルキング「大都会」の前にあえなく敗退。バンドは解散。途方に暮れ、路頭に迷う。ところが、ポプコンでの作品に興味を持ってくれたヤマハのプロデューサー山里剛氏に声をかけて頂き、チャゲ&飛鳥と出逢うことになる。この時、たった1曲の重さを知る。

1981.2.25 チャゲ&飛鳥アルバム「熱風」で作詞家スタート。

1981.5.25 チャゲ&飛鳥シングル「放浪人」ではじめてオリコンチャートに名前が載る。

1984 「ふたりの愛ランド」石川優子&チャゲ「Never」MIEなどで、はじめてヒット曲を経験。作詞家としてヤマハに所属。チャゲ&飛鳥、長渕剛などヤマハのアーティストを中心に活動開始。同じ年に安全地帯の依頼があり、玉置浩二と出逢う。

1984.5.1 安全地帯アルバム「安全地帯II」のほぼ全曲作詞。

1985.6.25 「悲しみにさよなら」で初のオリコンチャート1位を経験。

1985.6.21 「BOØWY」に参加。氷室京介との作詞の他「Dreamin'」を布袋寅泰と共作。

1985.11.24 全作詞を担当した「安全地帯IV」発売。ミリオンを経験。

1985.5  HOUND DOGのアルバム制作に参加。

1985 安全地帯「悲しみにさよなら」第27回レコード大賞金賞を受賞。

1988.12.28 工藤静香「恋一夜」発売。オリコンチャート1位。

1989.4.19 田原俊彦「ごめんよ涙」発売。オリコンチャート1位。

1989  FNS歌謡祭最優秀作詞家賞受賞。

1992.2.9  HOUND DOG「BRIDGE〜あの橋をわたるとき〜」オリコンチャート2位。

1993  NHK忍たま乱太郎の主題歌として光GENJI「勇気100%」発売。その後15年に渡り使用され、2011年に日本ハムの斎藤佑樹選手の登場曲でも使用される。試合中継ではじめて知ってちょっと喜ぶ。

1992.12.7 氷室京介「KISS ME」発売。オリコンチャート1位。

1993.1.7 ほぼ全作詞を担当した氷室京介アルバム「Memories Of Blue」発売。後にミリオン達成。

1997.1.21 玉置浩二との作品、V6「愛なんだ」オリコンチャート1位。

1997~2000  日本通信教育(現U-CAN)で作詞講座『BEGIN THE WRITE』を開講。文化放送で講座と同名の番組で半年間ナビゲーターを務める。

1995.1.17 阪神・淡路大震災発生。その惨状にショックを受ける。

1995.4.21 郷ひろみ「逢いたくてしかたない」発売。45万枚近いセールスを記録。

1998.1.21 阪神・淡路大震災復興支援チャリティソングJ-FRIENDS「明日が聴こえる」オリコンチャート1位。

1998.7.23  MAX「Ride on time」発売。第40回レコード大賞優秀作品賞。

2001.9.11 アメリカ同時多発テロ発生。世界が大きく変わる予感に震える。

2002 安全地帯「安全地帯IX」参加。

2004.2.18 平原綾香「明日」発売。後に、テレビでこの歌を聴いた倉本聰氏が2005年ドラマ「優しい時間」の主題歌に採用。そこから2007年の「拝啓、父上様」の主題歌で森山良子と出逢う。再び、たった1曲の重さを知る。

2004年  冬のソナタでブレイクするパク・ヨンハの作品制作に参加。デビュー曲「初めて出逢った日のように」の日本語詞を初め多くの作品に携わる。音楽業界にも韓流ブームの足音が聴こえはじめる。

2004  CHAGE & ASKAのシングル「僕はMusic」に参加。シングルとしては85年以来、19年振りの共作。

2005  ASKA のソロアルバム「SCENE III」に参加。

2005.2.16 玉置浩二のソロアルバム「今日というこの日を生きていこう」でしばらくぶりに玉置作品に作詞。

2005.12.14  Composer Jin NakamuraとBohemian Quarter名義で「Blister Pack Voices」リリース。Poetry Musicとカテゴライズした朗読と音楽の融合を試みる。

2006.6.21 作詞家吉元由美、アーテイスト山本達彦らとPoetry Music第二弾「Libido Game」リリース。

2007.4  IPU 環太平洋大学学歌「心」制作 作曲 森山良子

2007.11.7 ビリーバンバン「また君に恋してる」発売。

2008 「銀河朗読団」を結成。8月「UNKNOWN」リリース。ライブ活動をしながらPoetry Musicの進化形を模索する。

2008 吉川晃司主演ミュージカル「SEMPO」挿入歌「光と影」制作。

2008.4  長野市立長野高校校歌「翼あるもの」制作 作曲 森山良子。

2009.1.7 坂本冬美のシングルのカップリングとして「また君に恋してる」発売。その後、配信を中心にヒット。

2009.5.6 銀河朗読団「log-in」リリース。

2009.9.16 文化放送との連動企画。能登麻美子をfeatureして「時のしおり」リリース。

2009.12 坂本冬美「また君に恋してる」第51回レコード大賞優秀作品賞受賞。

2010.10 甲州市市民の歌「みのりの風 虹の丘」制作。作曲 森山良子。

2010 坂本冬美「また君に恋してる」JASRAC賞の銅賞、第2回岩谷時子賞受賞。

2010.5.5 銀河朗読団「ID」リリース

2010.7.7 声優やシンガーをfeatureした朗読アルバム「桃月花」を松井五郎名義でリリース。

2011.3 五木ひろし「月物語」発売。しかし、3.11東日本大震災発生。音楽業界も自粛。収まらない余震の中で、ただひたすら創作。この時の思いがチャリティアルバム「風のよせがき」制作につながる。

2011. 五木ひろし「夢はるか」の全曲作詞。作詞活動30年目の節目の年の記念的作品になる。

2011.10.19 「風のよせがき」チャリティアルバムリリース。

2011.11.8 「風のよせがき」ライブ。

ある日ふと2011年がキャリア30年目だと気づき、いままで作ってきた歌とその歌を表現してきてくれた人たち、そして、応援してきてくれた人たちに感謝の気持ちを込めて、GORO MATSUI SONGBOOKSと銘打った企画をスタート。

2011.11.28 GMSB第1回 川久保秀一/September/山本兄妹

2012.2.23 GMSB第2回 崎谷健次郎/安部恭弘/井上昌己

2012.3.11「風のよせがき」貝塚コスモシアターコンサート

2012.3.31 朗読と音楽のライブ「東京0区」

2012.4.27 GMSB第3回 中西保志/光永亮太/荒木真樹彦

2012.4 「勇気100%」を歌い継いでくれているSexyZoneシングル「Ladyダイヤモンド」リリース。オリコンチャート1位。

2012.6.28 GMSB第4回 杉山清貴/池田聡/ERIKA

2012.8.3 GMSBスピンオフ企画「LOVESONGS」

2012.8.27 GMSB第5回 森 恵/和紗/熊谷尚武

2012.8.21~26「Chageの茶会2012〜座・藍燈橫濱〜」盟友Chageからの依頼で、構成脚本で参加。これまで試みてきた朗読と音楽の融合を、新たな形で挑戦。横浜赤レンガ倉庫6日公演。

2012.929~ ぎふ清流国体 開会式テーマソング「君が明日と呼ぶものを」作曲 沢田完

2012.11.26 GMSB第6回 中西圭三/奥村愛子/ミトカツユキ

2012.11 NHK-FM「とことんあれもこれも松井五郎」一ヶ月に渡り170曲に及ぶ松井五郎作品を放送。ナビケーターも務める。

2012.12.2 1万人の第九コンサートで森山良子「家族写真」が歌われ、その迫力と美しさに大感激。

2013.3.1~3.27 「Chageの茶会2013〜座・藍燈橫濱〜Again」大阪・名古屋。福岡・横浜6公演。

2013.3 東日本大震災で被災し、4月の学校再編で統合される宮城県東松島市立鳴瀬桜華小校歌を制作。制作・作曲中村雅俊。

2013.3.26 GMSB第7回 Baby Boo/Chicken Garlic Steak SONGBOOKS初の関西でのライブ。

2013.5.20 GMSB第8回 山本達彦 初のソロゲスト。

2013.10.24 GMSB 第9回 ひまり/やなわらばー/BEGIN

2014. 春 これまでにReleaseした歌詞数凡そ3000。歌詞とは別に創作してきた作品も含め、書籍として発表していくプロジェクト「GORO MATSUI Library」をスタート予定。

2014.5.1 GML1st issue「タナトスの織り糸」刊行。

2014.8.1 GML2nd issue「失われた空の透視図」刊行




matsui_photo.jpg